建築前に行なう事|長く使う家にするなら!自由設計でいくらかかるのかを把握しておく

長く使う家にするなら!自由設計でいくらかかるのかを把握しておく

木の家

建築前に行なう事

背広の男女

まずは下見はしっかり行おう

子どもが小学校に入学した時や土地を相続した場合などのタイミングで注文住宅を建築する場合、気を付けなければならないことはなんでしょうか。おそらくほとんどの人はその流れに知らないはずです。せめて大まかな流れだけでも確認をしておきましょう。注文住宅は、土地を先に購入あるいは所持してからその後に建物を建てます。つまり、土地をまだ持っていない場合は建売住宅よりも面倒です。もし土地を持っていない場合は土地を購入する前にその立地に行って下見をしておきましょう。中には注文住宅建築に適さない土地もあるからです。また、日当たりも重要な条件になります。土地の購入が住んだらいよいよ建物を建てます。建物を建てる場合は業者選びをしなければなりません。

建物を建てる前に地鎮祭を行おう

注文住宅の業者が決まったら今度はローンを組む必要があります。もし、ローンの審査が通らなければ残念ですが、他から借りるか諦めるしかありません。ローンの審査が通ったら、工事の着工に入ります。工事の着工をする前に大事なことは、地鎮祭を行ったほうがいいでしょう。地鎮祭はその土地にいる神様の怒りを鎮める働きと、建築中に事故などが起こらないようにするためです。地鎮祭にはこのような目的を持っているため、地鎮祭を行って安心して工事をスタートするべきです。無事建物が完成すると、最後に工事担当者と共に傷などがないかを調べるようにしましょう。傷があった場合には指摘しておくことです。面倒でも後でトラブルになるよりは100倍ましです。